登録販売者資格を取って就・転職を有利に進める

前回の記事で登録販売者の資格内容や求人状況、働く場所等紹介しました。コロナ禍で就・転職も厳しい環境です。是非、登録販売者の資格を取って就・転職を有利に進めましょう。

登録販売者資格を取るための情報

登録販売者資格を取るための情報を確認していきましょう。試験準備を計画的に進めて合格を目指しましょう。

受験資格

資格試験の中には、受験資格がなければ受けられない資格試験が多くありますが、登録販売者試験の受験資格については、前回の記事の中で紹介していますが、法改正により2015年4月1日以降は学歴と実務経験が不要になり、誰でも試験申込を行えば試験を受けることができるようになりました。

未経験者や学習をしたことがない人も、やる気があれば試験を受けることができます。厳しい就・転職の中です、やる気をだして頑張りましょう。

試験の申込先

都道府県の登録販売者試験担当課(都道府県のHPを開いて「登録販売者試験」で検索する。スマートフォンでも簡単にできます。)

試験担当課の例としては、健康福祉部薬事課、医療薬務課等があげられます。

試験の実施日

都道府県で試験実施日が違うのでこれも都道府県のHPで早めに確認して試験準備を行う。働きながらの試験勉強は、通信講座を受講して標準8ヵ月と言われるています。計画的な試験勉強が重要です。

なお、計画的な試験勉強(通信講座受講)をされて4か月で合格された人もいます。参考にされてください。

試験の内容

登録販売者試験の試験問題は、厚生労働省が作成している「試験問題に関する手引き」から出題されることになっています。厚生労働省の下記のリンク先で確認できますので一度確認してください。

※厚生労働省「試験問題に関する手引き」

試験項目、出題数、試験時間

試  験  項  目  出  題  数  試 験 時 間
①医薬品に共通する特性と基本的な知識     20問     40分
②人体の働きと医薬品     20問     40分
③主な医薬品とその作用     40問     80分
④薬事関係法規・制度     20問     40分
⑤医薬品の適正使用・安全対策     20問     40分
      合    計     120問     240分

上記の表に記載のとおり試験項目が5項目で、出題数や試験時間が試験項目ごとに設定されています。また、試験時間も合計をみると長時間です。午前の部、午後の部に分けて試験が実施されます。